CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< オラウンタンを見る | main | Reinforest Discovery Centerでちょっとだけジャングルを歩いて見る >>
Proboscis Monkey(天狗猿)を見る
Proboscis Monkey Sanctuaryで天狗猿を見てきました。成人男子の天狗猿の仕草がオヤジっぽくて人間臭いのが興味深い。
さて写真1枚目は朝の餌付け時に見たボスザルです。オヤジくせー、でも凄い勃起です。帰り際にMatingしてました。
091003_1
2枚目は午後からの餌付けでの様子。人間臭いです。
091003_2
3枚目はSilverred Leaf Monkeyと一緒に撮った所。
091003_3
4枚目はホーンビル
091003_4
5枚目は独身男性の群れです。
091003_5
07:10 起床。
08:05 朝食(パン、目玉焼き、ソーセージ、コーヒー、紅茶)
10:15 宿からオーナーのアントン氏の送迎でオラウンタン・リハビリテーション・センターまで送ってもらう(無料)
10:20 オラウンタン・リハビリテーション・センターに到着。シャトルバスで待機。
10:40 シャトルバス出発。
11:04 Proboscis Monkey Sanctuary入り口に到着。入場料とカメラ代で一人70RM払う。
11:10 餌付け場所「Platoform B」に到着。しばし待機。
11:30 餌付け開始。森の置くから天狗猿がゾクゾクやってくる。ボス猿は勃起しており赤いペニスが目立つ。帰り際に短い交尾も見せてくれた。
12:13 シャトルバスで「Nimpho Lodge」というところに移動。
12:40 昼食(焼きそば、甘い紅茶)
14:00 シャトルバスで「Platoform A」に到着。
14:30 餌付け開始。こちらは先ほどよりもっと近くで見られた。仕草がオヤジっぽい。
15:05 「Platoform B」に戻り、ここのサンクチュアリーのビデオを見る。
16:00 ここにいる別の種類の猿、Silverred Leaf Monkeyが別の餌で集まってきており、こちらかな記念撮影。こちらは人懐っこく至近距離で撮影できた。
16:17 こんどはホーンビルという鳥を呼び寄せてくれこれもかなり至近距離で撮影成功。
16:35 天狗猿用の餌も出すと彼らも集まってきた。今回はオスの群れとハーレムの群れだった。オスの群れは全員オヤジっぽくて面白い。
17:00 帰途に付く。
17:40 宿に到着。
18:40 夕食(野菜炒め、ハンバーガー)
19:15 シャワー、写真整理、作業、その他。
20:15 映画鑑賞。
22:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| セピロック(マレーシア) | 22:27 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする