CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Muro de Las Lagrimasをトレッキング | main | コンチャペルラでオットセイ観察、午後から亀センター。 >>
イザベラ島の農家を訪ねる
一昨日たまたまコンチャ・ペルラで知り合ったニック君からのお誘いでガラパゴスのイザベル島の農家を訪問することになり朝6時起きでいってみました。畑らしいところもあるのですがジャングルをそのまま使ったようなところで全て有機農業。コンポストを作って肥料にすることで循環的農業を実現していました。コーヒー豆もコーヒー以外の木を切って大規模に栽培するというのではなく、シェイドグリューンといって自然の林の中で日陰になりながらもあくまでも自然のまま育成する方法をとっておりそれのほうが土が健康なので味わい深いものができるのだそうです。また見たことのないフルーツや、パパイヤが木に成っていく様子なども始めて見て興味深いものがありました。
さて写真1枚目は農家の畑?というかジャングル?的なところ。蓮の葉のような大きな葉はリクガメの餌だそうです。
081021_1
2枚目はコーヒーの木と実。コーヒーの果肉の薄い実もすこし甘くて美味しい
081021_2
3枚目はこちらでグアバと呼んでいる巨大な「さや」に入っているフルーツ。うす甘い果肉が美味しい。
081021_3
4枚目はパパイヤが木に成っているところ。枝の上に実が付いて大きくなり、枝が取れて実がぶら下がっていく時間の経過が良く分かる。
081021_4
5枚目はここを紹介してくれたボランティアのニック(向かって左)と、農家のご主人と記念撮影。
081021_5
6枚目は午後からコンチャ・ペルラでシュノーケリングしているところ。
081021_6
7枚目はコンチャ・ペルラにやって来ていたペンギンです。シュノーケリングするようなところでペンギンがいるのが珍しい。ガラパゴスならでは。
081021_7
06:00 起床。
06:30 牛乳とパンを買いに行く。
06:45 バス停に向かう。ニックと再会。昨日出会った西川君も参加。
07:10 バス出発。バス代0.5ドル/人
07:33 イザベラ島の丘の上の農家があるところに到着。ニックにつれられとある農家を訪問。
07:40 買ってきたパンで朝食。
07:53 早速畑を案内してくれる。パパイヤやコーヒー、パイナップルが植えてあるところや、野菜を栽培中の畑などを見せてもらう。
08:38 コーヒーの実を食べてみる。周りはうす甘い薄い果肉があり、中から生のコーヒー豆が出てきた。またパパイヤが木に成っているところを初めて見る。とても変わった成り方。その他グアバヤバ?とかいう見たことのない果物も紹介してくれ興味深かった。
09:23 ここの土地でグアバといわれている豆のような実を食べさせてもらう。これもミルキィーなうす甘い感じで美味しい。
10:30 タクシーを呼んでもらい帰途に着く。タクシー代8ドル/台
11:00 町に戻る。晶子洗濯。
12:00 昼食(コミーダ、スープ+内臓系煮込み+ご飯+アボカド)
13:00 食後西川君と雑談。
14:00 あまりに天気がいいのでコンチャ・ペルラに行くことにする。
14:30 シュノーケリングマスクを借りて晶子シュノーケリング。マスク代2.5ドル。
14:50 ペンギンがコンチャ・ペルラに現れる。
15:30 帰途に着く。
16:00 宿に戻り、シャワー。休憩。
18:00 写真整理、コンテンツ作成。
18:55 夕食(スープ、牛肉の煮込みご飯、フライドポテト、フライドバナナ、ジュース)、西川君と雑談。
21:10 シャワー、写真整理、コンテンツ作成。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| ガラパゴス(エクアドル) | 11:20 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする