CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ヨーロッパドライブ24日目、ニース1日観光。 | main | ヨーロッパドライブ26日目、ビオットとヴァンスをドライブ。 >>
ヨーロッパドライブ25日目、サン・ポールとカーニュ・シュル・メールをドライブ。
サン・ポールとカーニュ・シュル・メールの2つの町を訪れてみましたが、これだけで1日かかるほど見所がたくさん。南仏にこんなにアートが溢れているとは思いませんでした。こんなに自由にアートが身の回りにある余裕。南仏は素晴らしいところと改めて認識し直した日でした。
さて写真1枚目はサン・ポールの町の入り口に入った所です。
080810_1
2枚目はマーグ財団美術館の館内の様子。
080810_2
3枚目は彫刻と撮ったものです。
080810_3
4枚目はカーニュ・シュル・メールのイベントで出てきた中世風流しのバンドです。
080810_4
5枚目は乞食風道化役の演者がポーズを撮ってくれている所。
080810_5
6枚目はルノワール博物館の前庭「」にあるルノワールが描いた絵の展示です。
080810_6
7枚目はその絵の風景の場所です。ルノワール的風景を目の当たりにしました。
080810_7
07:00 起床。健洗濯濯ぎ、コーヒーを入れる。
07:30 バケットを買いに行く。
07:51 朝食(パン、ヌッテーラ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー、紅茶)
09:14 キャンプサイト出発。車でヴァンスに向かう。
09:50 途中パン屋でバケット購入。
10:05 ヴァンス到着。インフォメーションで地図をもらうが今日は日曜日なので教会が閉まっており見所にいけないことが判明。予定を切り替えてサン・ポールに向かう。
10:22 サン・ポール到着。駐車場に停めて町を散策。サン・ポールは鷹巣の町といわれ小高い丘の上に立つ城砦的都市の形をしており中世の様子を偲ばせる町並みで、現代アート的美術ギャラリーがひしめいていて見て周るだけでとても楽しいところだった。人気なのが分かる。
11:25 マーグ財団美術館に移動。車を停めて丘の上に上がる。
11:33 美術館に到着。早速チケットを購入。一人11ユーロ、写真代3.5ユーロ。ミロなどの彫刻が多い美術館。かなり見ごたえあり。
12:35 駐車場で持ってきたサンドイッチで昼食。
13:22 カーニュ・シュル・メールに移動。丘を登っていく。
13:31 今日は中世の雰囲気をだしたイベント的村のお祭りで入場料5ユーロ取られる。城の周りにお店が並び、中世の衣装を着た店員やら流しの中世バンドが闊歩しては時々演奏したり、乞食風道化役の演者が出ては寸劇風のことをやってみたりとなかなか趣向を凝らしていて面白がらせてくれる。
15:15 丘を降りてルノワール博物館に向かう。
15:30 ルノワール博物館到着。早速中を見て周る。ここはルノワール晩年のアトリエ兼住居で1908年にルノワールが移り住んできたらしく、今年が丁度100年目。ルノワールのアトリエに入った時には我ながらその臨場感に驚く。。梅沢龍三郎もルノワールに会いにここに来たことがあるらしく彼の絵も展示してあった。
16:18 帰途に着く。
16:50 ビールとスイカを買ってテント前で休憩。
17:20 夕食準備開始。
18:15 夕食(カレー、サラダ)(堀口様、カレールー有難うございます!!)
19:30 シャワー
20:30 洗濯。つけ置き洗い準備。
21:30 写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| アンティープ(フランス) | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする