CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< モネの家と庭園のあるジヴェルニーを訪ねる。 | main | 休憩 >>
コンピエーニュ宮殿とビエルフォン城を訪ねる。
写真1枚目はコンピエーニュ宮殿内の様子。ナポレオン1世の奥方の寝室だったか?
110711_1
2枚目は館内の美術館内をコスプレした学芸員のような人が子供たちを案内しているところです。たぶん小学校の社会見学のプログラムか何かなんでしょう?始まり方として、まずコスプレのお姉さんが、彼女が絵の中の人物のようにみえるように絵の額縁だけを自分で持って静止しているところに集まり、先生が額縁を取り除くと魔法でも解けたかのように彼女が子供たちに話しかけ始めるという演出です。子供の頃からこんなファンタジーなところを見せてもらっていると文学的センスが磨かれるのでしょう!フランス人って本当にファンタジー好きですね。
110711_2
3枚目はナポレオン3世時代の居室の様子。彫刻が素晴らしくイタリア人彫刻家のカノーヴァ作のものがありました。流石イタリア。美術品はイタリアが一番ですね。
110711_3
4枚目はビエルフォン城。14世紀に建てられたが廃墟だったものをナポレオン1世が買い取り、3世が建築家のヴィオレ・ル・デュック(パリのノートルダム大聖堂を改修したことで知られる)に改修させたもの。中世風なので、映画「ジャンヌ・ダルク」のロケ地としても使われたそうです。
110711_4
08:00 起床。コーヒーを沸かす。快晴。
08:10 朝食(フルーツ、ヨーグルト、コーヒー、紅茶)弁当を作る。
09:10 キャンプ場を出発。
10:20 コンピエーニュに到着。
10:35 コンピエーニュ宮殿見学開始。オーディオガイド付き。ここはナポレオン1世からナポレオン3世時代に最盛期を迎えた宮殿で、第2帝政時代の様子が想像できるところ。
12:25 駐車場近くで昼食(持ってきた弁当)
12:40 カテドラル内部を見学。
12:55 市庁舎前の公園で休憩。
13:10 コンピエーニュ宮殿の庭を見て歩く。
14:00 ビエルフォンに向かう。
14:20 ビエルフォン城に到着。外側をみて歩く。
14:50 ショッピングモールに移動開始。
15:25 途中でカルフールによって食材調達。
16:30 帰途に着く。
17:45 キャンプ場に戻り休憩。
18:00 夕食準備開始。
18:30 前菜(ムール貝の酒蒸し、シャンパン)モエ・テ・シャンドンの2002年Grand Vintage
19:20 夕食(2種の白身魚フライ、ご飯、シャンパン)
19:45 デザート(イチゴ、蜂蜜、ビスキュイ・ド・ランス、シャンパン)
21:00 シャワー、ホリチャンと雑談大会。
24:00 就寝。
FaceBook

FaceBook
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper





| パリ(フランス) | 22:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする