CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< バーリ近くのカピトリまで移動(ヨーロッパキャンプ第83日目) | main | Pescara北30km程のビーチ沿いGiulianovaに到達(ヨーロッパキャンプ第85日目) >>
アルベレベッロに行ってみる(ヨーロッパキャンプ第84日目)
有名なアルベレベッロに行ってみました。有名なだけはあります。ミニチュアのようなかわいらしい家がならび、まるで映画のセットに紛れ込んだかのような錯覚になります。特にアイア・ピッコラ地区に行くと今もそのままで暮らしている人たちが居るのに驚きます。
さて写真1枚目は朝市で始めて見た野菜です。グリーンでまーるい野菜の味は甘味のあるキュウリでした。
100819_1
2枚目はリオーネ・モンティ地区の風景。
100819_2
3枚目はこの並びのお店の店主マリアさんとのツーショット。彼女は日本のテレビに5回も出演し、雑誌にも取り上げられるアルベレベッロではなかなかの有名人らしい。彼女のテンションは高い。
100819_3
4枚目は屋上に上がらせてもらって見た風景です。ディテールが面白い。
100819_4
5枚目はアイア・ピッコラ地区の一角です。ミニチュアのような家が並んでいます。
100819_5
07:00 起床。快晴。
07:36 朝食(フルーツサラダ、シリアル、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)食後弁当作成。
09:10 アルベレベッロに向け出発。
09:54 アルベレベッロの駐車場に到着。早速見て回る。毎日の朝市を通っていく。丸い見たことない野菜を発見。店主に聞くとサラダで食べるそう。少し食べさせてくれた。味はキュウリだった。
10:05 リオーネ・モンティ地区を歩き始める。
10:30 日本のテレビに何回も出演しているマリアさんのお店の前で出会う、飛騨白川郷と姉妹都市なので日本に行った時の写真や、雑誌に取り上げられた記事などをたくさん見せてもらう。でもお土産は買わず。
10:42 サン・アントニオ教会に到着。
11:25 サンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノの聖堂記念堂に到着。
11:30 トゥルッリ・ソヴラーノに到着。中を見学。入場料1.5ユーロ/人
11:55 アイア・ピッコラ地区を歩く。そのままのトゥルッリが残るところ。ミニチュアの家のようでとても面白い。
12:30 昼食(弁当:ご飯、ソーセージ、卵焼き)
13:20 マルティーナ・フランカに向け移動開始。
13:50 マルティーナ・フランカに到着。
13:57 サン・マルティーノ教会に到着。その後バロックの小道「プリンチペ・ウンベルト通り」を歩く。
14:28 マルティーナ・フランカを後にし、キャンプ場に向う。
15:10 キャンプ場到着。
15:20 目の前の岩のビーチに行き、海水浴、日光浴。
16:40 キャンプ場に戻り夕食準備開始。
16:48 前菜:鯖缶、オリーブ、ピーマンと玉葱のマリネ、クロスティー二、ビール)
18:06 夕食(ジェノベーゼのフジッリ、サラダ、ビール)
19:00 シャワー、写真整理、コンテンツ作成。色々のお酒を飲みながら(グラッパ、アマロ、バランタイン)音楽を聴きながら過ごす。今日もブラームス:Variations on a Theme of Haydn for orchestra in B flat major (St. Anthony Variations), Op. 56a.、Symphonie Nr. 1 c-moll、Symphony No. 3 in F major, Op. 90- Poco Allegretto、
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| カピトリ(イタリア) | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする