CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< アレッツォ、コルトーナを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第26日目) | main | ボルセーナ湖畔に移動(ヨーロッパキャンプ第28日目) >>
ピエンツァ、モンテプルチアーノを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第27日目)
今日は快晴。ピエンツァは1459年にピウス2世というローマ法王が自分の出身地をロッセリーノという建築家に命じて自分の思い通りの町を造らせようとし、名前も自分の名前からとってピエンツァとしたというところ。東西400mしかないの箱庭のような小さな町。
写真1枚目はピウス2世広場からみたピッコローミニ宮と大聖堂です。
100624_1
2枚目はお店のディスプレーの様子。この町のお土産としては、トスカーナのワイン(キャンティ、モンタルチーノ、モンテプルチアーノなど)、オリーブオイル、ペコリーノチーズ、サラミ、ラグーソース(猪やウサギ)、レバーパテ、絵が描かれた陶器製品、ビッチという太い麺のパスタなどです。まさに田園生活に欠かせない食材ばかり。
100624_2
3枚目はピエンツァからみたトスカーナの風景です。田園風景が広がってます。
100624_3
4枚目は移動途中で立ち寄ったチーズ工場併設の売店の様子。傷物なので安く出してあるところ買ってみました。夕食でたべたところ味は濃厚。ちょっと塩が強い。
100624_4
5枚目はモンテプルチアーノのグランで広場に建つ市庁舎。設計は15世紀フィレンツェで活躍したミケレッツォ。
100624_5
6枚目はモンテプルチアーノから見下ろしたトスカーナの風景。キアーナの谷か?ここは有名なキアナ牛の産地でもあるのでは?
100624_6
7枚目はモンテプルチアーノのシンボル、プルチネッラの塔だそうです。
100624_7
8枚目は窓にチョコンとたたずむ猫。絵のような情景に皆写真を撮ってました。
100624_8
9枚目は夕食のパスタです。ピッチという太い麺は直径5mmくらいありそうな面でアルデンテでいただくと食感が面白く初めてのパスタでした。
100624_9
07:00 起床。朝日が差している。
07:27 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
08:27 ピエンツァに向け出発。
09:27 ピエンツァ到着。
09:52 ロッセリーノ通りを通ってピウス2世広場に到着。
09:55 大聖堂内を見学。
10:03 ピッコローミニ宮の中庭を見学。
10:12 サン・フランチェスコ教会の内部を見学。
10:20 トスカーナの風景や町並みを見ながら散策。ピエンツァは東西400mほどしかないのであっという間に散策終了。ピエンツァの町は1996年12月に世界遺産に登録されたそうです。
11:30 モンテプルチアーノに向け移動開始。途中もトスカーナの風景満載。
11:42 途中チーズ工場に立ち寄る。
11:54 格安のペコリーノ・チーズを購入。ドライブ旅行の醍醐味。
12:13 モンテプルチアーノに到着。
12:26 グランデ広場に到着。
13:14 昼食(カットピザ)町を端から端まで歩いた後にやっと昼食。パンピザっぽく見えたがそうではなく美味かった。食後町を歩き回る。
14:12 ジェラートを食べる。イタリアはどこで食べてもジェラートはとても美味い。
14:20 帰途に着く。
15:12 キャンプ場に戻り湖畔で休憩。
17:28 前菜:パルマの生ハム、黒オリーブ、ピーマン、ズッキーニのマリネ、ペコリーノチーズ、レンズマメ、ワイン。
17:53 夕食(アンチョビとパンチェッタのクリームソースでアセルガのパスタ(ピッチというトスカーナの太麺を使用)、ワイン)
18:50 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11、リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調、ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調、ハイドン:弦楽4重奏曲大17番へ長調「セレナード」、ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番ハ長調「ラズモフスキー第3番」、プッチーニのオペラ曲。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:57 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする