CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< アッシジ、ペルージャを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第25日目) | main | ピエンツァ、モンテプルチアーノを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第27日目) >>
アレッツォ、コルトーナを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第26日目)
今日も晴れ。
写真1枚目はアレッツォのサン・フランチェスコ教会内様子。一番奥の礼拝堂にピエロ・デッラ・フランチェスカによる聖十字架伝説のフレスコ画がある。そこに近づいて見るだけで6ユーロ取られます。
100623_1
写真撮影禁止なので絵葉書を撮ってみました。ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画はこんな感じ。
100623_2
映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台になったグランデ広場。7月に開催される「サラセン人の馬上槍試合」の準備中のようです。
100623_3
4枚目はドゥオーモにあるピエロ・デッラ・フランチェスカの「マグダラのマリア」。
100623_4
5枚目はコルトーナのガリバルディ広場からの景色。遠くトラズィメーノ湖が見える。
100623_5
6枚目はナッチォナーレ通りの様子。ダイアン・レイン主演の「トスカーナの休日」の舞台となり、また最近アメリカ人作家がコルトーナについて本を出したらしく、アメリカ人にやたら人気の町になったようです。写真は結婚式の帰りのアメリカ人です。
100623_6
7枚目はレプッブリカ広場。ここで毎年夏には音楽祭のようなものが開催されているらしく、シティングやロバートレッドフォードなども過去に出演したそうです。アメリカ人をターゲットにしてやっていこうというところのようです。
100623_7
8枚目は町の中に大きく掲示してあったルカ・シニョレッリの「十字架降架」のポスター。館内写真禁止のため撮っておきました。これでもかなり本物に近い出来栄えです。
100623_8
9枚目はベアート・アンジェリコの「受胎告知」のポスター。
100623_9
07:00 起床。朝日が差している。
07:32 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
08:18 アレッツォに向け出発。
09:24 アレッツォ到着。
10:07 サン・フランチェスコ教会内の聖十字架伝説のピエロ・デッラ・フランチェスカによるフレスコ画を見学。
10:30 見学終了。
10:43 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台になったグランデ広場に到着。
11:00 丘の上の公園から景色を楽しむ。
11:07 ドゥオーモに到着。中のピエロ・デッラ・フランチェスカの「マグダラのマリア」を見る。
11:32 ヴァッザーリの家に到達。
12:08 駅まで歩き昼食(カットピザ、コーラ)
12:37 ローマ劇場跡を見てからコルトーナに向う。
13:20 コルトーナに到着。
13:40 ガリバルディ広場から景色を眺める。
13:46 レプッブリカ広場に到着。
13:48 シニョレッリ広場に到着。ルカ・シニョレッリはここコルトーナ出身。ジェラートを食べる。
14:00 教区博物館に到着。早速見学。ルカ・シニョレッリとベアート・アンジェリコの作品を鑑賞。
14:53 見学を終わり、中世の家が残る通りを歩く。張り出した2階部分が年代を感じさせる。
15:20 町を散策して帰途に着く。
16:00 キャンプ場に戻りビールで一服。
17:00 前菜:黒オリーブ、ピーマン、ズッキーニのマリネ、リコッタチーズ、乾燥トマトのマリネ、レンズマメ、セロリ、ワイン。
17:42 夕食(一昨日の残りのビーフシチュー、パン、ワイン)
19:50 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。シューベルト:交響曲「未完成」、メンデルスゾーン:交響曲「イタリア」、ブルックナー 交響曲第9番、アランフェス協奏曲、ショパン ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11、第一楽章。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする