CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ヴォルテッラとサン・ジミニャーノを観光(ヨーロッパキャンプ第22日目) | main | ペルージャ近郊トラジィメーノ湖畔パアシナーノに移動(イタリア)ヨーロッパキャンプ第23日目) >>
サン・ガルガーノ、モンタルチーノを観光(ヨーロッパキャンプ第22日目)
写真1枚目はサン・ガルガーノの外観。
100619_1
2枚目はもとガルガーノ武将が隠れ家にしていたところの教会の床の岩に突き刺さっている剣です。映画のようなお話です。
100619_2
3枚目はサン・ガルガーノの内部です。といっても廃墟と化し今オペラの舞台設置工事中でした。
100619_3
4枚目は移動中に見えてきたトスカーナの田園風景です。
100619_4
5枚目はモンタルチーノの町並みです。エノテカの数が多い。
100619_5
6枚目は市営のエノテカの様子。こんなに多くの種類のブルネッロ・デ・モンタルチーノがあるとは?驚きです。小さなワイナリーのものは市場に出回りにくいので地元ではこんなにたくさんあるようです。せっかくの美味しいワインなのだからもっとボルドー並みに分類して見せてほしいところです。
100619_6
07:00 起床。曇り。洗濯。
07:40 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、ドミニカコーヒー)
08:40 車でサン・ガルガーノに向け出発。
09:14 サン・ガルガーノに到着。サン・ガルガーノとは12世紀武将のガルガーノが戦いと決別し神に帰依するために自分の剣を岩にぶつけたところ岩に吸い込まれたという伝説の剣が丘の上の教会内にあり、その麓に建てられ今はは廃墟となったシトー派の教会。丁度オペラ上演のための舞台装置を建設中だった。
09:38 丘の上に上がり剣が岩に突き刺さっているところを見る。
10:00 モンタルチーノい向け出発。
11:40 モンタルチーノに到着。街中はエノテカ(ワインショップ)が多数。どれもブルネッロ・デ・モンタルチーノの販売に余念がない。
12:10 昼食(カットピザ屋でピザを食べる、今回はとても美味い)
12:30 町を散策。城砦の方に上がる。
12:47 城砦内のエノテカでワインをじっくり見る。お値段はちょっと高め。
13:40 他の店を見ながら移動。
13:50 手ごろな値段(20ユーロ程度)のものを3本購入。
14:00 帰途に着く。帰り大雨。
15:50 キャンプ場に戻り休憩。洗濯物はびしょ濡れ。
16:00 前菜スタート:ビール、リコッタチーズ、パルマの生ハム、アーティチョークのペースト、黒オリーブ、ドライトマトのマリネ、ピーマンのマリネ、ローズマリークッキー。
17:23 夕食(燻製魚とパンチェタの炊き込みご飯のチャーハン、ワイン)
19:00 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。ラテン・レゲー。
22:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| シエナ近郊(イタリア) | 22:48 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする