CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< シエナ近郊に移動(ヨーロッパキャンプ第20日目) | main | ヴォルテッラとサン・ジミニャーノを観光(ヨーロッパキャンプ第22日目) >>
シエナを観光(ヨーロッパキャンプ第21日目)
キャンプ場内からシエナに直接バスが出ているのでこれを使ってシエナ観光に行ってきました。町は観光客だらけですが、カンポ広場など見ごたえのあるところが数箇所あり1日で回れるカワイイ町です。
さて写真1枚目は3つのパラッツォ(向って左からタントゥッチ宮(16C)、ゴシック様式のサリンベーニ宮(14C,中央)、スパンノッキ宮(15C後半)
100617_1
2枚目はトロメイ宮(13C後半)
100617_2
3枚目はカンポ広場に入ろうとして市庁舎が見えてきたところです。
100617_3
4枚目は市庁舎側からカンポ広場を見たところ。この市庁舎にもメディチ家の紋章が入っています。
100617_4
5枚目はマンジャの塔からカンポ広場を見下ろしたところ。
100617_5
6枚目はギャラリーでAsakoさんと記念撮影。花の絵は彼女の作品です。コンテンポラリーな面白い作品ばかりでした。
100617_6
7枚目はシエナのドゥオーモ、イタリアンゴシック建築。設計はニコラ・ピサーノ他ミケランジェロやカンビオ(フィレンツェのヴェッキオ宮の設計)、ドナテッロなど多くの芸術家が参加してる。
100617_7
8枚目はピッコローミニ家の図書館の内部です。ピントゥリッキオのフレスコ画が凄い。鮮やか。
100617_8
9枚目は床面装飾と説教台です。説教台はニコラ・ピサーノ、息子のジョヴァンニ・ピサーノ、弟子のカンビオなど多数の芸術家の協力でできたものだそうです。
100617_9 class=
10枚目はカンポ広場と市庁舎。ここで7月、8月の2回パリオといわれる競馬が行われるそうです。
100617_10
11枚目は夕食のパスタです。市販の鹿のラグーソースですが猪ともウサギともちがう臭みと肉質でした。
100617_11
07:00 起床。晴れ。洗濯。しかし雨が降る可能性があるのでテント内に干す。
07:36 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、ドミニカコーヒー)
09:00 バスでシエナに向かう。
09:30 シエナ到着。
09:37 サリンベーニ広場に到着。3つのパラッツォ(向って左からタントゥッチ宮(16C)、ゴシック様式のサリンベーニ宮(14C,中央)、スパンノッキ宮(15C後半)を鑑賞。
09:42 トロメイ広場に到着。トロメイ宮(13C後半)を眺める。パッラーディオ的なファサード。
09:52 カンポ広場に到着。
10:06 マンジャの塔に並ぶ。
10:20 マンジャの塔に登る。
10:26 最上部に到着。しばし眺めを楽しむ。写真撮影。
10:50 マンジャの塔を降り市庁舎市立美術館に移動。しばし鑑賞。写真撮影禁止。
11:55 市庁舎地下のギャラリーでAsako Imamuraさんの作品の展示があったのでふらっと入ってみる。
12:05 アサコさん本人がいらっしゃったのでしばし雑談。
12:23 カンポ広場に戻る。
12:45 昼食(ピザパイ)テイクアウトしてドゥオーモの前で食べる。
13:18 チケットを買ってドゥオーモ見学。こちらは写真撮影OK。ピッコローミニ家の図書館のピントゥリッキオのフレスコ画が圧巻。
14:10 ドゥオーモを出て町を歩く。途中で夕立が降る。
14:40 チッタ通りのキージ・サラチーニ宮の中庭を見学。
15:10 サン・ドメニコ教会見学。聖カテリーナの礼拝堂などを見る。
15:23 中国人ショップでビールを立ち飲み。
16:10 カンポ広場の写真を撮る。
16:20 キャンプ場に帰るバスに乗り込む。
16:25 バス出発。
16:50 キャンプ場に戻り休憩。洗濯物を外に干す。雨の降った跡あり。
17:30 前菜:パルマの生ハム、チーズ、ドライトマトのマリネ、黒オリーブ、ローズマリークラッカー。
18:20 夕食(鹿のラグーソースのタリアテッレ、ワイン)、晶子ストレッチング。
19:10 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。ドヴォルザークのチェロ協奏曲、チャイコフスキー、ピアノ曲
23:30 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| シエナ近郊(イタリア) | 22:48 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする