CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ピエンツァ、モンテプルチアーノを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第27日目)
今日は快晴。ピエンツァは1459年にピウス2世というローマ法王が自分の出身地をロッセリーノという建築家に命じて自分の思い通りの町を造らせようとし、名前も自分の名前からとってピエンツァとしたというところ。東西400mしかないの箱庭のような小さな町。
写真1枚目はピウス2世広場からみたピッコローミニ宮と大聖堂です。
100624_1
2枚目はお店のディスプレーの様子。この町のお土産としては、トスカーナのワイン(キャンティ、モンタルチーノ、モンテプルチアーノなど)、オリーブオイル、ペコリーノチーズ、サラミ、ラグーソース(猪やウサギ)、レバーパテ、絵が描かれた陶器製品、ビッチという太い麺のパスタなどです。まさに田園生活に欠かせない食材ばかり。
100624_2
3枚目はピエンツァからみたトスカーナの風景です。田園風景が広がってます。
100624_3
4枚目は移動途中で立ち寄ったチーズ工場併設の売店の様子。傷物なので安く出してあるところ買ってみました。夕食でたべたところ味は濃厚。ちょっと塩が強い。
100624_4
5枚目はモンテプルチアーノのグランで広場に建つ市庁舎。設計は15世紀フィレンツェで活躍したミケレッツォ。
100624_5
6枚目はモンテプルチアーノから見下ろしたトスカーナの風景。キアーナの谷か?ここは有名なキアナ牛の産地でもあるのでは?
100624_6
7枚目はモンテプルチアーノのシンボル、プルチネッラの塔だそうです。
100624_7
8枚目は窓にチョコンとたたずむ猫。絵のような情景に皆写真を撮ってました。
100624_8
9枚目は夕食のパスタです。ピッチという太い麺は直径5mmくらいありそうな面でアルデンテでいただくと食感が面白く初めてのパスタでした。
100624_9
07:00 起床。朝日が差している。
07:27 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
08:27 ピエンツァに向け出発。
09:27 ピエンツァ到着。
09:52 ロッセリーノ通りを通ってピウス2世広場に到着。
09:55 大聖堂内を見学。
10:03 ピッコローミニ宮の中庭を見学。
10:12 サン・フランチェスコ教会の内部を見学。
10:20 トスカーナの風景や町並みを見ながら散策。ピエンツァは東西400mほどしかないのであっという間に散策終了。ピエンツァの町は1996年12月に世界遺産に登録されたそうです。
11:30 モンテプルチアーノに向け移動開始。途中もトスカーナの風景満載。
11:42 途中チーズ工場に立ち寄る。
11:54 格安のペコリーノ・チーズを購入。ドライブ旅行の醍醐味。
12:13 モンテプルチアーノに到着。
12:26 グランデ広場に到着。
13:14 昼食(カットピザ)町を端から端まで歩いた後にやっと昼食。パンピザっぽく見えたがそうではなく美味かった。食後町を歩き回る。
14:12 ジェラートを食べる。イタリアはどこで食べてもジェラートはとても美味い。
14:20 帰途に着く。
15:12 キャンプ場に戻り湖畔で休憩。
17:28 前菜:パルマの生ハム、黒オリーブ、ピーマン、ズッキーニのマリネ、ペコリーノチーズ、レンズマメ、ワイン。
17:53 夕食(アンチョビとパンチェッタのクリームソースでアセルガのパスタ(ピッチというトスカーナの太麺を使用)、ワイン)
18:50 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11、リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調、ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調、ハイドン:弦楽4重奏曲大17番へ長調「セレナード」、ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番ハ長調「ラズモフスキー第3番」、プッチーニのオペラ曲。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:57 | comments(0) | - | pookmark |
アレッツォ、コルトーナを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第26日目)
今日も晴れ。
写真1枚目はアレッツォのサン・フランチェスコ教会内様子。一番奥の礼拝堂にピエロ・デッラ・フランチェスカによる聖十字架伝説のフレスコ画がある。そこに近づいて見るだけで6ユーロ取られます。
100623_1
写真撮影禁止なので絵葉書を撮ってみました。ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画はこんな感じ。
100623_2
映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台になったグランデ広場。7月に開催される「サラセン人の馬上槍試合」の準備中のようです。
100623_3
4枚目はドゥオーモにあるピエロ・デッラ・フランチェスカの「マグダラのマリア」。
100623_4
5枚目はコルトーナのガリバルディ広場からの景色。遠くトラズィメーノ湖が見える。
100623_5
6枚目はナッチォナーレ通りの様子。ダイアン・レイン主演の「トスカーナの休日」の舞台となり、また最近アメリカ人作家がコルトーナについて本を出したらしく、アメリカ人にやたら人気の町になったようです。写真は結婚式の帰りのアメリカ人です。
100623_6
7枚目はレプッブリカ広場。ここで毎年夏には音楽祭のようなものが開催されているらしく、シティングやロバートレッドフォードなども過去に出演したそうです。アメリカ人をターゲットにしてやっていこうというところのようです。
100623_7
8枚目は町の中に大きく掲示してあったルカ・シニョレッリの「十字架降架」のポスター。館内写真禁止のため撮っておきました。これでもかなり本物に近い出来栄えです。
100623_8
9枚目はベアート・アンジェリコの「受胎告知」のポスター。
100623_9
07:00 起床。朝日が差している。
07:32 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
08:18 アレッツォに向け出発。
09:24 アレッツォ到着。
10:07 サン・フランチェスコ教会内の聖十字架伝説のピエロ・デッラ・フランチェスカによるフレスコ画を見学。
10:30 見学終了。
10:43 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台になったグランデ広場に到着。
11:00 丘の上の公園から景色を楽しむ。
11:07 ドゥオーモに到着。中のピエロ・デッラ・フランチェスカの「マグダラのマリア」を見る。
11:32 ヴァッザーリの家に到達。
12:08 駅まで歩き昼食(カットピザ、コーラ)
12:37 ローマ劇場跡を見てからコルトーナに向う。
13:20 コルトーナに到着。
13:40 ガリバルディ広場から景色を眺める。
13:46 レプッブリカ広場に到着。
13:48 シニョレッリ広場に到着。ルカ・シニョレッリはここコルトーナ出身。ジェラートを食べる。
14:00 教区博物館に到着。早速見学。ルカ・シニョレッリとベアート・アンジェリコの作品を鑑賞。
14:53 見学を終わり、中世の家が残る通りを歩く。張り出した2階部分が年代を感じさせる。
15:20 町を散策して帰途に着く。
16:00 キャンプ場に戻りビールで一服。
17:00 前菜:黒オリーブ、ピーマン、ズッキーニのマリネ、リコッタチーズ、乾燥トマトのマリネ、レンズマメ、セロリ、ワイン。
17:42 夕食(一昨日の残りのビーフシチュー、パン、ワイン)
19:50 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。シューベルト:交響曲「未完成」、メンデルスゾーン:交響曲「イタリア」、ブルックナー 交響曲第9番、アランフェス協奏曲、ショパン ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11、第一楽章。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
アッシジ、ペルージャを訪ねる(ヨーロッパキャンプ第25日目)
天気回復。曇り時々晴れ。やっと嵐が過ぎ去ろうとしているようです。
さて写真1枚目はアッシジのサン・フランチェスコ教会。
100622_1
2枚目はサン・フランチェスコ教会内部、ジョットによるフランチェスカのエピソードのフレスコ画のある上階。
100622_2
3枚目はサン・フランチェスコ教会前からウンブリアの平原を見たところ。
100622_3
4枚目はサンタ・キアーラ教会
100622_4
5枚目はコムーネ広場からプリオーリ宮(市庁舎)を見たところ。
100622_5
6枚目はペルージャの国立ウンブリア美術館。
100622_6
7枚目はピエロ・デッラ・フランチェスカの「受胎告知」
100622_7
8枚枚目はペルジーノの作品。初期のものと思われます。なぜならウッフィツィにあったものと技量がかなり隔たっているためです。
100622_8
9枚目は国立ウンブリア美術館入り口にあったペルージャのシンボル「グリフィン」と「グエルフィのライオン」の像です。
100622_9
10枚目はペルージャの大聖堂。
100622_10
11枚目は隊長の館近くの展望ポイントからみたウンブリアの風景。
100622_11
12枚目は夕食のBBQの様子。
100622_12

07:00 起床。朝日が差している。
07:30 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
08:30 アッシジに向け出発。
09:10 アッシジ到着。
09:30 サン・フランチェスコ教会到着。早速中を見学。ジェットのフレスコ画が多数。
10:40 サン・フランチェス教会を後にし、サンタ・キアーラ教会の方に向け歩く。
11:15 サンタ・キアーラ教会到着。中を見学。聖女キアーラのフレスコ画を見る。
11:43 昼食(カットピザ、コーラ)
12:20 ペルージャに向け出発。
13:00 ペルージャに到着。
13:30 国立ウンブリア美術館を見学。
15:00 見学終了。街を歩き回る。アッピア通り、プリオーリ通りなどを歩く。
16:10 帰途に着く。
16:40 キャンプ場に戻り夕食準備開始。
17:00 前菜:昨日の残りのビーフシチュー。
17:42 夕食(シシケバブ、子牛のステーキの炭火焼、サラダ、ワイン)
19:00 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。イタリア奇想曲、スラブ行進曲、歌劇「ルスランとミュドミーラ」序曲、ダッタン人の行進、交響詩「中央アジアの草原にて」、交響詩「はげ山の一夜」、つるぎの舞い、ハンガリー狂詩曲第2番、火祭りの踊り、ダッタン人の踊り、くまんばちの飛行、ホフマンの舟歌、ドナウ川のさざなみ、シューベルトのセレナード、メリー・ウィドウ・ワルツ、ファウストのワルツ、ワルツ「女学生」、狂詩曲「スペイン」、Schubert op.90-4、Schumann op.82-7、Romance op.5-2、Mendelson op.62 -5、Mendelson op.53 -2、Chopin op.28 -15、ペトラルカのソネット第123番、アルブムブラット変ホ長調、Memories、 Brahm 79 -2、子守歌-ブラームス、Melody op.3-1、 舟歌-チャイコフスキー、春に寄す-グリーク。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:54 | comments(0) | - | pookmark |
天候不順で待機(ヨーロッパキャンプ第24日目)
朝から雨。かなり寒い。アレッツォに行くつもりでしたがキャンプ場のオーナーに天気予報を聞くと明日から回復するということで1日待機することに、、、、そこで体の温まる料理に重点を置くことにしました。
さて写真は昼食のカルボナーラです。こんな美味しいカルボナーラ初めて食べました。イタリアのパンチェッタとパルミジャーノレッジャーノを使っているからでしょうか?晶子の料理の腕も一層引き立ちました。
100621_1
2枚目は昼からビーフシチューの用意をしているところです。
100621_2
3枚目は夕食のビーフシチューとサラダ。トスカーナの牛肉は柔らかくて美味い。アルゼンチン牛とは、実は昔イタリア人がトスカーナの牛を持って行って放牧したことから始まるんじゃないかと疑ってます。
100621_3
07:00 起床。かなり寒い。
07:30 朝食(昨日の野菜スープの残り)、雨が降り始める。
07:45 昨日の洗濯物をテント内に干す。
08:10 キャンプ場のオーナーに天気予報を聞いてみる。今日まで雨で明日から回復するということらしい。1日くらいなら調整可能なので今日は待機日とする。
08:30 晶子作業開始。
10:10 スーパーに食材調達。
11:45 キャンプ場に戻り昼食準備開始。
12:40 昼食(ヴェルミッチェリーニ(太麺パスタ)のカルボナーラ)
13:35 引き続き夕食のビーフシチューの用意開始。
15:00 ビーフシチューを煮込みつつ、晶子作業再開。
17:00 前菜スタート:アーティチョークのペースト、黒オリーブ、ドライトマトのマリネ、ピーマン、ズッキーニのマリネ、煮レンズ豆、パン。
17:42 夕食(ビーフシチュー、サラダ、ワイン)
19:10 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。ウィーンナーワルツ、メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」、ムソルグスキー「展覧会の絵」、リムスキー・コルサコフ「シェエラザード」、ダッタン人の踊り、ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 作品28。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:53 | comments(0) | - | pookmark |
ペルージャ近郊トラジィメーノ湖畔パアシナーノに移動(イタリア)ヨーロッパキャンプ第23日目)
朝から曇り。移動中から雨。到着してテントを張っている最中から大雨。今年の6月後半のイタリアは天気が芳しくありません。
さて写真は湖畔のキャンプサイトからトラジィメーノ湖を見たところです。天気が悪いとどうしようもありません。
100620_1
2枚目は夕食のズッパ・デ・ヴェルドゥーラです。今まで何度となく作ってきましたが今回はやっと本物のパルミジャーノ・レッジャーノをかけてみました。パルミジャーノ・レッジャーノ風味は万能調味料的味わいを出してくれます。
100620_2
07:00 起床。曇り。洗濯。
07:40 朝食(フルーツサラダ、牛乳、オレンジジュース、ドミニカコーヒー)
08:50 片付け開始。
08:45 ほぼ片付け終了。
09:17 チェックアウトし、ペルージャ方面に向け出発。途中雨がちらほら。
10:30 トラジィメーノ湖畔パアシナーノのキャンプサイト「CampingEuropa」に到着。雨は止んでいた。
10:45 チェックイン後、テント設置開始。途中から大雨が降り始める。
11:37 テント設営終了。
12:00 昼食準備開始。
12:40 昼食(出前一丁ラーメン、海老風味)食後ゆっくりすごす。
17:00 夕食準備開始。
18:00 前菜スタート:リコッタチーズ、パルマの生ハム、アーティチョークのペースト、黒オリーブ、ドライトマトのマリネ、ピーマンのマリネ、ローズマリークッキー。
18:40 夕食(ズッパ・デ・ヴェルドゥーラ、ワイン)
20:00 シャワー、写真整理、作業、サイト作成。音楽を聴きながらすごす。チャイコフスキー「ピアノコンチェルト変ロ短調」、ラフマニノフ「Pコン2番」、チャイコフスキー「交響曲第1番」
23:30 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ペルージャ近郊(イタリア) | 22:50 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |