CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
終日雨
今日はカヨ・レバンタードに行く予定でしたが、雨にため中止、断念。カヨ・レバンタードには縁がなかったということで明日移動です。
さて写真は今いる宿「Rancheta」のオーナーのロナルドさんと撮ったところです。彼は今カバーニャを自力で建設中のところでした。彼はなかなかホスピタリティのある人で好感触です。
100510_1
07:00 起床。朝から雨。カヨ・レバンタードに行く予定が崩れる。
07:13 朝食(フルーツサラダ、シリアル、オレンジジュース、牛乳)
08:00 雨がやむことを期待してお弁当づくり開始。
09:00 お弁当のネタは完成したが雨がやまずしばし様子見。
10:00 になっても雨がやまないので断念。部屋のクリーニングをしてもらう。
11:30 昼食(炊き込みご飯、水)
14:20 ラス・ガレラスの中心部に歩いて向かう。
14:50 中心部到着。明日戻るプエルトプラタの家主ディアナさんに電話。しばし中心部を散歩。
15:40 ネットカフェで明日のバスの出発時間などを調査。
16:25 宿に戻り、家主のロナルドにバスについてヒアリング。
17:30 夕食準備開始。
18:00 夕食(ミートソースパスタ、サラダ、ビール)
18:50 シャワー、写真整理、作業。晶子ストレッチィング
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ラス・ガレラス(ドミニカ共和国) | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
ラス・ガレラスのビーチ
昼から天気が回復してきたのでラス・ガレラスの村を散策してみることに。歩くこと20分で中心部に到着。そのまま海の方に向かうと、綺麗な海が見えてきました。期待していなかったので急にテンションがあがり、早速海に浸かってみました。気分は最高です。
さて写真はそのラス・ガレラスのビーチの様子です。
100509_1
07:30 起床。朝から雨。カヨ・レバンタードに行く予定が崩れる。
07:50 朝食(フルーツサラダ、シリアル、オレンジジュース、牛乳)
09:20 家主のトナウドと魚屋に行く。
09:30 魚購入。夕方グリルしてくれる。
09:35 スーパーで買い物。
09:50 宿に戻り休憩。読書。
11:30 昼食準備開始。
11:55 昼食(ミートソーススパゲッティ、水)天気回復。
13:20 ラス・ガレラスの中心部に歩いて向かう。
13:50 ビーチの到着。早速海水浴。
16:00 帰途に就く。
16:30 シャワー。
17:30 夕食準備開始。
18:05 夕食(魚のグリル、炊き込みご飯、サラダ、水)夜再び雨。
19:50 写真整理、作業。晶子ストレッチィング
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ラス・ガレラス(ドミニカ共和国) | 22:05 | comments(0) | - | pookmark |
フロントンとリンコンビーチに行く
朝、宿のオーナーからフロントンビーチまで車で行くカップルがいるから帰りは乗せてもらったらという提案をしてもらい、真に受けてフロントン・ビーチまでの険しいトレイルを歩いていた所、彼らが崖の下から上がってきているところで遭遇したのでオーナーの提案を話すと快く受け入れてくれました。というのも彼らは同郷のベルギー人同士で話をしてくれていたらしい。何とも有難い事ことですが便乗させてもらい、午後からはリンコン・ビーチまで同行させてもらいました。これで2か所を一辺に周ることができました。足がないと難しいのがここラス・ガレラスのようです。
さて写真1、2枚目はフロントンビーチの様子。崖が迫ってきていて面白い地形のところです。また来にくいので海の水もクリアーそのものでした。
100508_1
100508_2
3枚目はリンコンビーチに注ぐ川の様子。
100508_3
4枚目は川の上流でウナギを捕まえてきた人です。
100508_4
5枚目はウナギひとつでこれだけの人だかりです。彼らなりに調理するようでした。
100508_5
6枚目はリンコンビーチ海に向かって右手の穏やかなエリアの様子です。
100508_6
07:30 起床。
07:48 朝食(ご飯、目玉焼き、オレンジジュース、牛乳)
09:15 サンドイッチを作ってフロントン・ビーチに向け出発。
10:56 フロントン・ビーチに到着。かなりきついトレイルを歩ききりようやく到着。フロントン・ビーチの歩き回り端から端まで行ってみる。
11:30 同宿でプエルトプラタ在住のベルギー人のアランが車で来ていたので帰りはそれに乗せてもらうことに、、、しばし世間話。
11:55 昼食(サンドイッチ、水)
12:10 ボカ・デル・ディアブロという所に向かう。
13:18 ボカ・デル・ディアブロに到着。崖の下からトンネルのように上部につながっている吹き出し口のことで、波が押し寄せる度に空気や飛沫が飛び出してくるところ。我々が来た時は引き潮で飛沫まで飛び上がってこなかったが、波が来るたびに、呼吸をするような大きな音が唸っていた。
13:25 車でリンコン。ビーチに向かう。
14:20 リンコン・ビーチに到着。川が流れだしているところで泳いでみる。水は冷たい。アランカップルは魚でランチ。
14:40 川の上流からウナギを捕まえてきた人が下ってきて皆に見せびらかす。
15:05 リンコン・ビーチの反対側に移動。
15:15 反対側に到着。ここには岩が突き出していて天然の防波堤になっており波も穏やかで綺麗なところ。しばし海水浴。
16:25 帰途に就く。
17:30 途中スーパーによって宿に到着。
17:35 シャワー。
18:10 夕食準備開始。
18:32 夕食(ラーメン)
19:30 写真整理、作業。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ラス・ガレラス(ドミニカ共和国) | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
ラス・ガレラスに移動
半日かけての移動でした。ラスガレラスの湾には海王さんが作り上げた天然の水族館というものがあり(ラス・テレナス在住の岡村さん情報)、海王さんに会うのも一つの目的でしたが早速海王さんとお話しすることができました。10年近く前からJicaのプロジェクトに関わり始め現在に至るそうです。
写真は左から海王さんとスタッフのトシオさんです。
100507_1
07:00 起床。
08:18 朝食(ご飯、目玉焼き、オレンジジュース、牛乳)
09:05 宿をチェックアウト。
09:20 グアグア出発。
09:45 リモンという村に到着。グアグア乗り換え。
09:50 グアグア出発。
10:40 サマナに到着。グアグア乗り換え。
10:50 グアグア出発。
11:43 ラス・ガレラスに到着。
11:52 バイクタクシーで移動。
12:00 宿に到着。
12:06 昼食(持ってきたサンドイッチ)
12:30 オーナーのロナルドの車でスーパーに買いだし。
13:00 宿に戻り休憩。
14:00 近所を散策。
14:15 別の宿の「Hachienda」というのを見に行く、途中でオーナーのカリンさんと立ち話。
14:30 別の宿「La Loma Cito」という宿を訪ねる。オーナー夫妻とリビングで世間話。
15:10 コテッジを見せてもらって帰る。
15:35 一旦宿に戻り水着に着替えてからビーチの方に向かう。
15:42 ビーチに到着。ビーチはまあまあ。
15:50 ここに「Grand Paradise」というホテルがあり、その中に「Kaio」(海王)という天然の水族館をマネージしている日本人2人と立ち話。
16:50 後日再び訪れることにして宿に戻る。
17:20 夕食準備開始。
17:50 夕食(ジェノベーゼパスタ)
18:30 シャワー。
19:00 写真整理、作業、サイトアップ、荷物まとめ。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
2008年5月以前のHPはこちら

Border Hopper
| ラス・ガレラス(ドミニカ共和国) | 22:02 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |