CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ヨーロッパドライブ67日目、休憩。
写真1枚目は芝生の上での作業風景です。日が射すと凄く暑いのですが、遮られると直ぐに冷たい空気に冷やされる、そんな季節のようです。
080921_1
2枚目はこのキャンプサイトがある「Staffelsee」という湖の突き出した小さな半島の先端から撮った所です。
080921_2
07:30 起床、コーヒーを入れる。
08:15 朝食(パン、ヌッテーラ、コーヒー、紅茶)、食後洗濯機で洗濯、乾燥機で乾燥。
10:00 コンテンツ作成。
12:00 昼食準備開始。
12:30 昼食(ラーメン)
13:30 コンテンツ作成。
16:30 夕食準備開始。
17:12 夕食(鍋)
17:50 夕食終了、後片付け、シャワー、写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| ムルナウ(ドイツ) | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ66日目、ガルミッシュパルテンキルヒェンを観光
ドイツで一番高い山(2950m程度)やヒットラーの別荘があったということでガルミッシュパルテンキルヒェンに行ってみました。インフォメーションではヒットラー云々の情報はなく、「Parknachklamm」という渓谷と歴史的エリアの情報が魅力的だったので行ってみることに、、、これが大正解。特に「Parknachklamm」は原始な感じでマダガスカルを思い起こさせるような所でした。それもこんなに簡単に行けるとは流石ヨーロッパ。歴史的地区もチロルな感じでよかったです。
さて写真1枚目は20世紀初頭から使われてオリンピックでも使われたのスキージャンプ台です。昔は木造で戦前は鉄骨、戦後コンクリートで作り直されてきたそうです。
080920_1
2枚目〜8枚目は「Parknachklamm」という渓谷の様子です。
080920_2
080920_3
080920_4
080920_5
080920_6
080920_7
080920_8
9枚目は渓谷の始まりの部分この狭いところを雪解け水が流れています。
080920_9
10枚目はガルミッシュパルテンキルヒェンのヒストリック・エリアでルードビッヒ2世通りの様子です。
080920_10
07:30 起床、コーヒーを入れる。天気は曇り。
08:15 朝食(パン、ヌッテーラ、コーヒー、紅茶)
09:33 キャンプサイト出発。
10:30 ガルミッシュパルテンキルヒェンに到着。インフォメーションでヒアリング後スーパーで食事調達。
11:31 「Parknachklamm」に到着。ここはオリンピックでも使われたスキージャンプ台でも有名らしく、結構な観光客が来ていた。
11:46 「Parknachklamm」に向け出発。
11:59 途中のベンチで昼食(サンドイッチ)
12:15 再出発。
12:30 入場口に到着。一人2ユーロ。
13:00 出口まで到着。そのまま引き返す。
13:20 いりぐちまで戻る。
14:22 ルードビッヒ2世通りに移動。歴史的町並みを見て歩く。ここは昔アウグスブルクからヴェニスに通ずる街道だったらしい。
15:00 帰途に着く。
15:30 スーパーに立ち寄り食材調達。
16:04 キャンプサイトに戻り休憩。
16:30 夕食準備開始。
17:12 夕食(鍋)
17:50 夕食終了、後片付け、シャワー、写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| ムルナウ(ドイツ) | 22:29 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ65日目、ノイシュヴァンシュタイン城観光
ついにノイシュヴァンシュタイン城にやってきました。ドイツ駐在時代に行く時間がなく残念でしたがドイツはあれ以来なので早12年ぶり。久しぶりにやってくるとドイツもまたいいもんです。町の風景も懐かしい感じ。しかしノイシュヴァンシュタイン城、期待が無意味に大きいだけに迫力不足。ヴェルサイユと比べてはいけないのかもしれませんがルードビッヒ2世の生涯から鑑みて質素な城には哀愁が漂っているよう。
さて写真1枚目は日本語の標識が出ているロマンティック街道です。
080919_1
2枚目は橋の上から撮った城の全景です。
080919_2
3枚目は城の劇場部分を見上げた所
080919_3
4枚目は入場口の様子。ここから先は写真撮影禁止です。
080919_4
5枚目は模型のノイシュヴァンシュタイン城。円柱の塔の意匠がディズニーランドのシンデレラ城のようなので、ヨーロッパのお城というイメージを世界中の人たちに与えているのかもしれません。
080919_5
07:30 起床、コーヒーを入れる。天気は曇り。
07:45 朝食(クッキー、葡萄、、コーヒー、紅茶)
09:39 キャンプサイト出発。
10:10 ロマンティック街道に入る。標識の「Romantische Strasse」の看板の中に日本語で「ロマンティック街道」と書いてある標識を見つけ、どれほど日本人が来ているかに驚く。
10:23 キースキルヒェに到着。しばし見学。キース教会はユネスコの世界遺産?に登録されているようで内部の意匠も素晴らしく見ごたえがあった。
10:46 キースキルヒェを後にして「ノイシュヴァンシュタイン城」を目指す。
11:14 「ノイシュヴァンシュタイン城」が遠くに見え始める。
11:20 麓のシュヴァンガウの町に到着。駐車場に車を停め、インフォメーションでヒアリング。
11:40 チケットセンターでチケット購入。バスで上に向かう。
12:00 「ノイシュヴァンシュタイン城」近くに到着。
12:01 「ノイシュヴァンシュタイン城」を見下ろす橋に行き全景写真を撮る。
12:20 城の門まで到着。入場時間が12:50なので持ってきたパンとハムでサンドイッチ昼食。
12:50 見学開始。
13:25 見学終了。日本語オーディオガイドで部屋ごとに説明するので思ったより早く見学終了。メルヒェン王「ルードビッヒ2世」の儚い夢の城だった。
14:20 城のカフェで休憩後、「ルードビッヒ2世」の説明ビデオを見てから下山。
15:00 帰途に着く。
16:00 スーパーに立ち寄り食材調達。
17:00 キャンプサイトに戻り休憩。
17:30 夕食準備開始。
18:28 夕食(鍋)
19:20 夕食終了、後片付け、シャワー。
21:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| ムルナウ(ドイツ) | 22:28 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ64日目、ムルナウに移動。
9月に入って山の上は特に寒さが厳しいのでアルプスの山脈が終わったムルナウという町にキャンプすることにしました。山の上より少しは暖かいかな?というところ。それでも9月の南ドイツは寒いです。
さて写真1,2枚目は意外な賑わいを見せるムルナウの町。
080918_1
080918_2
3枚目はこの町にあったアジア食材・生活用品店です。インスタント味噌汁セットや味噌そのもの、牡蠣ソース、麺類、ジャン系のソースもありなかなかの品揃えにビックリしました。
080918_3
07:00 起床、コーヒーを入れる。天気は曇り。
07:26 朝食(クッキー、葡萄、、コーヒー、紅茶)
08:00 出発準備、テントをたたむ。
09:34 片付け終了。キャンプサイトチェックアウト。
09:56 キャンプサイト出発。
11:28 ムルナウのキャンプサイトに到着。
11:55 チェックイン後テント設置開始。
12:30 昼食準備開始。
13:04 昼食(ラーメン)
14:30 テントやシートを乾燥させてテント設置完了。
14:50 ムルナウの中心部に向かう
15:10 インフォメーションで地図などを貰う。その後中心部を散策。意外に賑わっている。アイスを食べケーキを買ってスーパーに向かう。
16:15 スーパーで食材調達。
17:10 キャンプサイトに戻り夕食準備開始。
17:52 夕食(BBQ)
19:20 夕食終了、後片付け、シャワー、写真整理、コンテンツ作成。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| ムルナウ(ドイツ) | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |