CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ヨーロッパドライブ26日目、ビオットとヴァンスをドライブ。
アンティーブ近郊の町、最後にビオットとヴァンスに行ってみました。ビオットはレジェー美術館。ヴァンスはマチスの教会がメインの見所です。それぞれの町も中世の町並みを残した趣のある町で。歩いていて面白いところばかりでした。
さて写真1枚目はレジェー美術館の外観。見るからにレジェーです。
080811_1
2枚目はレジェーの彫刻と撮ったところ。
080811_2
3枚目はビオットの町並み。
080811_3
4枚目はビオットのガラス工房の作品です。
080811_4
5枚目はマチス美術館の外観です。内部撮影禁止。
080811_5
07:00 起床、コーヒーを入れる。
07:30 バケットを買いに行く。
07:54 朝食(パン、ヌッテーラ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー、紅茶)
09:21 キャンプサイト出発。車でビオットに向かう。
09:52 ビオットにあるレジェ美術館に到着。10時まで待つ。
10:00 開館したので早速見て周る。レジェの面白さを改めて鑑賞。レジェがこのまま後50年生きていたら今の現代アートも手がけていただろうことが推測される。
10:49 ビオットの中心部に来る。インフォメーションで地図をもらい町を見て周る。ガラス工芸で有名な町。今まで見たことのない作品ばかりがあるギャラリーを見て周る。
12:47 ビオットを出てからサンポールのマーグ財団美術館の駐車場で昼食。
13:26 ヴァンスに到着
13:54 マチスの教会に到着。
14:00 見学開始。説明係のおばちゃんが教条主義で面白くなく見学。その後ヴァンスの町に移動し町を見て歩く。
15:15 ヴァンスの町から帰途につく。
16:00 キャンプサイトに戻り休憩。
17:10 夕食準備開始。
18:13 夕食(ポークソテー、サラダ)
20:00 キャンプサイトの事務所近くがWiFiゾーンなのでそこでメールチェック。調べ物。
21:30 シャワー
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| アンティープ(フランス) | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ25日目、サン・ポールとカーニュ・シュル・メールをドライブ。
サン・ポールとカーニュ・シュル・メールの2つの町を訪れてみましたが、これだけで1日かかるほど見所がたくさん。南仏にこんなにアートが溢れているとは思いませんでした。こんなに自由にアートが身の回りにある余裕。南仏は素晴らしいところと改めて認識し直した日でした。
さて写真1枚目はサン・ポールの町の入り口に入った所です。
080810_1
2枚目はマーグ財団美術館の館内の様子。
080810_2
3枚目は彫刻と撮ったものです。
080810_3
4枚目はカーニュ・シュル・メールのイベントで出てきた中世風流しのバンドです。
080810_4
5枚目は乞食風道化役の演者がポーズを撮ってくれている所。
080810_5
6枚目はルノワール博物館の前庭「」にあるルノワールが描いた絵の展示です。
080810_6
7枚目はその絵の風景の場所です。ルノワール的風景を目の当たりにしました。
080810_7
07:00 起床。健洗濯濯ぎ、コーヒーを入れる。
07:30 バケットを買いに行く。
07:51 朝食(パン、ヌッテーラ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー、紅茶)
09:14 キャンプサイト出発。車でヴァンスに向かう。
09:50 途中パン屋でバケット購入。
10:05 ヴァンス到着。インフォメーションで地図をもらうが今日は日曜日なので教会が閉まっており見所にいけないことが判明。予定を切り替えてサン・ポールに向かう。
10:22 サン・ポール到着。駐車場に停めて町を散策。サン・ポールは鷹巣の町といわれ小高い丘の上に立つ城砦的都市の形をしており中世の様子を偲ばせる町並みで、現代アート的美術ギャラリーがひしめいていて見て周るだけでとても楽しいところだった。人気なのが分かる。
11:25 マーグ財団美術館に移動。車を停めて丘の上に上がる。
11:33 美術館に到着。早速チケットを購入。一人11ユーロ、写真代3.5ユーロ。ミロなどの彫刻が多い美術館。かなり見ごたえあり。
12:35 駐車場で持ってきたサンドイッチで昼食。
13:22 カーニュ・シュル・メールに移動。丘を登っていく。
13:31 今日は中世の雰囲気をだしたイベント的村のお祭りで入場料5ユーロ取られる。城の周りにお店が並び、中世の衣装を着た店員やら流しの中世バンドが闊歩しては時々演奏したり、乞食風道化役の演者が出ては寸劇風のことをやってみたりとなかなか趣向を凝らしていて面白がらせてくれる。
15:15 丘を降りてルノワール博物館に向かう。
15:30 ルノワール博物館到着。早速中を見て周る。ここはルノワール晩年のアトリエ兼住居で1908年にルノワールが移り住んできたらしく、今年が丁度100年目。ルノワールのアトリエに入った時には我ながらその臨場感に驚く。。梅沢龍三郎もルノワールに会いにここに来たことがあるらしく彼の絵も展示してあった。
16:18 帰途に着く。
16:50 ビールとスイカを買ってテント前で休憩。
17:20 夕食準備開始。
18:15 夕食(カレー、サラダ)(堀口様、カレールー有難うございます!!)
19:30 シャワー
20:30 洗濯。つけ置き洗い準備。
21:30 写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| アンティープ(フランス) | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ24日目、ニース1日観光。
ニースまでバスで1時間。今日1日廻ってみて、ニースこそコート・ダ・ジュールを代表する町だという感じになりました。町も美しく、海も綺麗。その青さと明るさに驚きました。
さて写真1枚目はニースのトラムが走る広場のような所で撮ったものです。
080809_1
2枚目はシャガール美術館の様子。
080809_2
3,4枚目はニースのビーチの様子です。太陽の強烈さ、海の青さ。どれも素晴らしい。
080809_3
080809_4
07:00 起床。コーヒーを入れる。
07:13 朝食(パン、ヌッテーラ、オレンジジュース)昨日かってあったバケットですます。食後洗濯濯ぎ。
09:09 キャンプサイト出発。バスでニースに向かう。
10:00 ニース到着。しばし街歩きをしながらシャガール美術館に向かう。改めて本物を見てそのファンタジー振りが面白い。
11:02 シャガール美術館到着。早速入館。入場料8.5ユーロ。
11:55 バスでマチス美術館に移動。
12:00 マチス美術館到着。今の時期だけ入場料無料。マチスの絵は面白い。現代アートに通じるものがある。
12:50 マチス美術館を出て下町エリアにバスで向かう。
13:38 魚市場の前のパン屋でバケットを買ってサンドイッチにする。食後ビーチの方に向かいしばし散策。海の青さに目を見張る。その名の通り青い海が続いている。この海を見ていると暑さのため現代アート美術館に行く気がしなくなり、海でクールダウンすることに
14:56 ネグレスコホテルの前のパブリック・ビーチで着替えて海水浴。クールダウン。この時期のコート・ダ・ジュールは日差しが激しい。しかし砂利のビーチは歩くのに足が痛いのでクロックス的なサンダルが必要。今日持ってくるのを忘れて痛い思いをした。
16:00 帰途に着く。
16:40 バス停で待つがなかなかバスが来ないので始発駅まで戻る。
17:00 バス出発。
18:01 最寄バス停に到着。ビールを買ってテント前で休憩。
18:30 夕食準備開始。
19:01 夕食(卵かけご飯、味噌汁、梅干、海苔、ツナサラダ、白ワイン)(堀口様、梅干と味噌汁有難うございます!!)
19:30 シャワー
20:30 洗濯。つけ置き洗い準備。
21:30 写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| アンティープ(フランス) | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ23日目、ヴァロリス、グラースを車で廻る。
今日も2つの町を訪れゆったりとすごしました。グラースにあるフラゴナール香水歴史工場では一度に数十種類の香水を嗅いで鼻が疲れてしまいました。
さて写真1枚目はヴァロリスの町の陶器のお店のショーウィンドーです。
080808_1
2枚目はビエンナーレの入り口です。写真撮影禁止なのでお見せできないのが残念ですが実際に見るとドキッとするもの多数。
080808_2
3枚目はフラゴナール香水歴史工場内の販売店舗の様子です。
080808_3
4枚目は製作過程見学ツアーで見せてもらったビン詰めの様子です。今もこのようにやっているそうです。
080808_4
5枚目は香料のエッセンスを蒸留するところの説明です。
080808_5
6枚目はプロヴァンス民族衣装・宝石博物館内の様子です。
080808_6
7枚目はグラースの町を見たところです。グラースは山の斜面にできた町なので坂だらけ。それゆえに面白い町並みができています。
080808_7
07:08 起床。コーヒーを入れる。
07:30 パンと牛乳を買いにキャンプサイト内のスーパーに行く。
07:45 朝食(パン、ヌッテーラ、牛乳)
09:18 キャンプサイト出発。車でヴァロリスに向かう。
09:43 ヴァロリスのツーリストインフォメーション到着。早速地図を貰い案内をヒアリング。ヴァロリスは陶芸の町でピカソなども製作していたところで、それもあって今日は陶器のビエンナーレ開催中ということで、展示を見に行く。
10:14 ビエンナーレ会場到着。早速見て歩く。入場料1ユーロ。展示は現代アートだけあってとても面白い。じっくり見て廻る。
11:16 見学終了。とても見ごたえがある、ピカソの作品も展示されているがそれに負けず劣らず素晴らしいものが多かった。
11:34 最後に俳優で芸術家?のジャン・マレーのアート・ギャラリーがあったので見学。これもなかなか面白い。
11:40 ヴァロリスを出発。グラースに向かう。
12:26 グラースに到着。早速見て廻る。
12:48 旧市街のカフェで昼食(バケットサンド)
13:00 フラゴナール香水歴史工場に到着。中を見学(無料)。入った時からそこはかとなく香りが漂う空間を歩いて廻る。また香水の製作過程を紹介してくれるツアーで中を見て歩く。
14:23 プロヴァンス民族衣装・宝石博物館を見学(無料)
14:55 旧市街を歩いて駐車場に戻り、帰途に着く。
15:30 カルフールに寄るはずがなかなか辿り着けず、別のスーパーで食材調達。
16:40 キャンプサイトに戻り夕食準備開始。
18:29 夕食(てんぷらサラダ、イカとズッキー二のてんぷら、ハムのトルティーヤ、バケット、白ワイン)
19:30 シャワー
20:30 洗濯。
21:30 写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover

| アンティープ(フランス) | 22:19 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ22日目、アンティープとカンヌを観光。アンティープの町は面白く、カンヌのビーチにはガッカリ。
今日は2つの町を訪れ全て自炊したので忙しい1日となってしまいました。それでも充実。バカンスシーズンで人も多く観光気分も
さて写真1枚目はカンヌのパブリック・ビーチから高級ホテル街を眺めた所です。アンティープと違ってビーチは砂ですが海がイマイチ綺麗に見えないので入る気がしませんでした。
080807_1
2枚目は、、、、でスター気分でポーズをとっているところです。
080807_2
07:08 起床。コーヒーを入れる。
07:30 パンと牛乳を買いにキャンプサイト内のスーパーに行く。
07:49 朝食(パン、ヌッテーラ、牛乳)朝の歯磨き中に健の歯の詰め物が取れる。10月南米入りしたときにメキシコに上がり高根先生に見てもらうことにする。
09:16 キャンプサイト出発。バスでアンティープに向かう。
09:43 アンティープ到着。インフォメーションで地図を貰い街中を散策。美味しそうな惣菜屋を見つけ帰りがけに購入することにする。
10:15 ピカソ美術館に到着。早速作品を見る。ピカソは他の作家とあまりにも異質。
11:03 近くのマーケットを物色。海産物は少ない。1軒だけ。ミックスサラダ菜とズッキー二の花を購入。フランス人観光客に調理法を聞きだす。要はフリッターのようにして食べるのが一般的らしい。我々はてんぷらにすることに。
11:30 スーパーで別の食材と前菜を購入。
11:45 帰りのバスを待つ。がなかなか来ず。
12:20 やっとバスが来て出発。
12:50 キャンプサイトに戻り昼食準備開始。
13:11 昼食(前菜、子牛のソテー、ワイン、パン)食後つけ置き洗いの洗濯物を濯ぐ。
14:17 カンヌに向けて出発。
15:37 カンヌ到着。町を見て歩く。ビーチに行くがあまり綺麗でない海水とビーチ、あまりに多くのゴロツキが群れているのをみて興醒め。
16:04 町の目抜き通りを歩く。ブランドショップ多し。スーパーでお酢、FNACでイタリアの地図などを購入。
17:48 バケットを購入して帰途に着く。
17:53 バス停でバスを待つ。
19:20 やっとキャンプサイトに戻り夕食準備開始。
19:57 夕食(ニース風サラダ、ズッキー二の花のてんぷら付き、パン、オレンジジュース)
20:40 シャワー、写真整理、コンテンツ作成、その他。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| アンティープ(フランス) | 22:17 | comments(0) | - | pookmark |
ヨーロッパドライブ21日目、カンヌとニースの間のアンティープのキャンプサイトに移動
ついにコート・ダ・ジュールに来ました。昨日までのコート・デ・プロヴァンスと水の感じが違ってきました。写真の通り素晴らしくブルーなのですが透明度はあまりない薄い乳青色というところでしょうか?しかし美しいには違いありません。眺めているだけで気持ちのいいところです。
さて写真1枚目はニースの方を見たところ。
080806_1
2枚目はカンヌの方を見たところです。
080806_2
06:35 起床。コーヒーを入れる。
07:21 テントをたたみ出発の準備。
08:07 準備終了。チェックアウト。
08:19 アンティープに向け出発。
09:40 アンティープのキャンプサイトに到着。ラス一だった。8月は混んでいる。
09:51 自分たちの場所に到着。テント設置開始。
10:34 キャンプサイトにテント設置完了。
10:45 朝食(パン、ヌッテーラ)
10:56 キャンプサイト内探索。ここはかなり広いキャンプサイト。ちょっとした住宅地的ところ。
11:41 コート・ダ・ジュールの海岸を見に行く。その名の通りとても綺麗な乳白色系ブルー。遠目ではモーリシャスの海かと思うほど綺麗。
12:00 ビールを買ってテントで休憩。
12:34 昼食(パン、アンチョビ入りオリーブ、アリオリソース)
13:00 晶子コンテンツ作成。
16:00 コート・ダ・ジュールの海で海水浴。クールダウン。
17:00 テントに戻り夕食準備開始。
18:43 夕食(プロヴァンスのハーブを使った野菜炒め、豚肉のソテー、チョリソー、赤ワイン、パン)
19:30 シャワー、写真整理、コンテンツ作成、その他。つけ置き洗いの準備。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

World Mover
| アンティープ(フランス) | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |